日本人の平均バストは何カップ?今日からできるバストアップの方法も!

バストアップサロン

女性にとって、バストは小さくても大きくても気になるものですよね。「私の胸は、平均と比べてどうなのだろう?」と思ったりすると、恋愛面でもちょっと消極的になったりもして。
そこで今回は、日本人女性の平均バストに注目して、平均サイズやバストアップの方法などをお伝えします。

日本人女性の平均バストサイズ

トリンプ・インターナショナル・ジャパン(以下、トリンプ)から【下着白書 vol.19】2019年版が発表されました!
さて、いったい日本人女性の平均バストサイズはどれくらいなのでしょうか?

日本人女性の平均バストサイズ

【下着白書 vol.19】に掲載されたデータです。

※画像はプレスリリース PRTIMESより引用

なんと、2018年の最新データとしては…
‐Aカップ 2.1%
‐Bカップ 17.9%
‐Cカップ 26.9%
‐Dカップ 26.3%
‐Eカップ 18.8%
‐Fカップ 6.4%
‐Gカップ 1.6%

という結果でした。
これをもとに考えると、日本人女性の平均バストはCカップからDカップの間と考えられますね。

バストサイズでDカップ以上の女性が増えた!

実は、日本人の胸は年々大きくなってるんですよ~^^
さきほどのグラフを分析すると…
平成の30年間でDカップ以上の人が3倍に増えていて、2018年(平成30年)はDカップ以上が53.1%とにも及ぶんです。
だんだん日本人がグラマーになってきてるだなんて驚きですね。

ちなみに、計測を始めた1980年には、Dカップ以上の割合はわずか4.5%でした。それを思えば、本当に大きな変化ですよね。

正しく測ってバストアップ

バストはお店で測ってもらうのが一番正確ですが、やはり自分以外の人に計測されるのは抵抗がありますよね。でも、自分で測るときも正しく測らなければ、正確な大きさが分からず、自分に合わないブラジャーを着けることにもなりかねません。
また、正確に測れていないために、自分の胸を実際より小さく感じる人も意外と数多くいるのです。
正しく測って、正しいサイズを知れば、今よりずっとバストアップしちゃうかもしれませんよ。

アンダーバストの測り方

胸のふくらみのすぐ下の部分をアンダーバストと呼びます。アンダーバストを測るときは

‐姿勢よく立ち、メジャーが地面に対して平行になった状態で測る
‐緩すぎず、締めすぎず、ブラジャーのちょうどいい締め具合で測る

この2点に注意しましょう。
アンダーバストの数値はブラジャーの締め付け具合に直接関わりますので、丁寧に測りたいですね。

トップバストの測り方

胸のふくらみの最も高いところをトップバストと呼びます。ここを測るときは

‐姿勢よく立ち、メジャーが地面に対して平行になった状態で測る
‐持ち上げた状態で測る(難しければブラジャーを着けて測る)

ことが大切です。
ブラジャーを着けている時と、着けていない時とではバストの形状や大きさが変わります。ブラジャーを着けた時に近い状態で測ることが大切です。特に、胸の大きい方や下がり気味の方は注意しましょう。

カップサイズの判断の仕方

カップサイズとは、トップバストとアンダーバストの差で決まります。
ブラジャーのサイズは「B70」「D75」のように表記されます。
このうち、数字はアンダーバストを示しています。そして、アルファベットがカップサイズです。
カップはトップバストからアンダーバストを引いた差の数値で決まります。

‐AAカップ ~約7.5cm
‐Aカップ ~約10.0cm
‐Bカップ ~約12.5cm
‐Cカップ ~約15.0cm
‐Dカップ ~約17.5cm
‐Eカップ ~約20.0cm
‐Fカップ ~約22.5cm
‐Gカップ ~約25.0cm

ただし、メーカによってブラジャーの形が異なり、実際のカップサイズと合わないことがあります。
下着を買う時には試着をしながら調整しましょう。

手塩にかけてバストアップ!美バストの作り方

バストは大きさもですが、形もやはり大切です。また、地球には重力がありますから、手をかけてあげないとバストはたるみ、形も崩れていってしまいます。そうならないためには早めの対策が必要です。そして、それがバストアップにもつながっていくのです。

定期的な採寸で自分のバストを把握する

バストは日々形を変えていくものです。月経時に少し張ったような感覚があったり、大きくなったりなどの経験のある方も多いでしょう。
そのため、最低でも1年に1回は採寸しましょう。できれば、下着を買い替えるタイミングで、お店で測ってもらうのがベスト。それが難しければ、自分で測るのでも構いません。ぜひ、1年に1度は自分のバストと向き合う時間を作りましょう。

胸に合うブラジャーを着ける

胸に合うブラジャーを着けることは、形良いバストを作るのには必須です。
特に、胸の大きな方は小さく見せようとして、ワンサイズ下のものを着けることもあるようですが、実はこれは逆効果なのです。ブラジャーからはみ出す部分が多くなってしまい、体のラインが崩れて見えて、余計に大きく見えてしまうのですね。
胸の大きな方も、正しい大きさのブラジャーを着けることで、正面から見た体のラインがスッキリしますし、くびれもできるため、細く見せることできます。

正しくブラジャーを着ける

ブラジャーは正しく着けましょう。それがバストアップへの第一歩です。

1、少し前かがみになった状態で、カップを胸にあてる。アンダーバストで合わせるとよいでしょう。
2、その姿勢のままホックを留める。脇(背中)から、お腹からバストを集め、カップに収める
3、体を起こし、ストラップの長さを整える

このうち、2がとても大切です。
油断していると、バストは背中やお腹に散ってしまいます。すると、バストの大きさもだんだん小さくなってしまいます。
最初は時間がかかるかもしれませんが、バストをかき集めるイメージで、しっかりとブラジャーに収めるようにしましょう。それだけでも、ずいぶんバストアップになりますし、それらがバストの位置に定着すれば、さらなるバストアップを図ることもできるのです。

まとめ

日本人女性の平均バストは年々変化し、また多様化しています。正しく測り、自分の胸の合ったブラジャーを着けることで、ぜひバストアップをしていってくださいね。