豆乳飲料で育乳の効果が高いおすすめの4商品比較

サプリ

大豆イソフラボンには胸を大きくさせる効果があるなら、豆乳や豆乳飲料や豆乳系のサプリメントできっと胸が大きくなるはず!

一番効果的に大豆イソフラボンが摂れる方法はどれなのでしょうか?
この記事では、スーパーでも買える豆乳飲料や、今話題のイソフラボンファイバーについてまとめてみました。

大豆イソフラボンの育乳効果についての記事はコチラ

大豆イソフラボンにバストアップ効果があるって本当?

大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンと似た作用をしますので、閉経前後の女性や更年期障害対策、生理不順対策として様々なサプリメントや医薬品にも使われている成分です。

胸の発育にも女性ホルモンが大きく関わっていますので、大豆イソフラボンを摂ることでバストアップにも何らかの影響があることは確かにいえそうです。

もちろん、「大豆イソフラボンを摂るだけで胸が大きくなりますよ」だなんて、そんな眉唾のことは言いません。大豆イソフラボン=バストアップに直結はしませんが、それでも胸を大きくしたいって考えている人は、胸を大きくするための一つの栄養素として、大豆イソフラボンを摂るようにしてほしいです。

女性ホルモンの働きをサポートし、胸の発育をしやすい身体に導いてくれます。

豆乳生活を実践する前に…大豆イソフラボンの上限量と危険性を知ろう

豆乳生活を実践する具体的な方法を紹介します。そして、健康を害さないように必ず守って欲しいルールがあります。

それは、大豆イソフラボンの1日摂取量の上限値です。

大豆イソフラボンの1日の摂取上限量=70~75mg/日

毎日継続するならば、この上限値を守るようにしましょう。
女性ホルモンと似た作用をする大豆イソフラボンですが、過剰量を継続的に摂ると、摂りすぎによって体のバランスが崩れてしまうことがあります。
農林水産省で上限値として1日70~75mgと目安が発表されています。

間違った豆乳生活は健康を害する危険性もあるので、必ず上限値を守ってくださいね。

一番コスパがよく効果的に摂れる豆乳はどれ?徹底比較

大豆イソフラボンが一番効果的に摂れるものはどれなのか、代表的な豆乳飲料の商品を4つ徹底比較してみました。

先に言っておきますが、とりあえず全て私は飽きてしまったので、以下4つの商品は、現在続いていません。でも豆乳としてとても優秀なので、これから豆乳生活を始める人で大豆イソフラボンの効果を期待している人はぜひ一度は飲んでみましょう。

△マルサン無調整豆乳

スーパーなどで売っている豆乳を飲むことで大豆イソフラボンを手軽摂取できる、一番簡単な方法です。バストアップ効果の恩恵に授かれるかもしれません。

マルサン無調整豆乳

<マルサン無調整豆乳100mlあたり>
イソフラボン28mg
炭水化物1.2g
カロリー52kcal

マルサン無調整豆乳購入サイト 

100mlで28mgつまりコップ1杯で54mg相当イソフラボンを摂取できます。

低カロリーで低糖質、そして簡単ですぐに実践できて一見して効率的にみえます。
しかし、一番失敗しやすく長続きしないので、個人的には「無調整豆乳」はあまりオススメしません

というのも、
コップ1杯200mlで54mgのイソフラボンなので、食事で豆腐や納豆、大豆性食品を摂取すると、上限値を軽くオーバーしてしまうからです。

ちなみに…
納豆 1パック(45g)で約36mg
豆腐 木綿1/2丁(150g) 約42mg
厚揚げ 1/2枚(100g)約37mg
大豆などの煮豆(30g) 約13mg
私が続かなかった理由
△知らないうちに過剰摂取に陥りやすいからこわかった
△かなり豆臭い
△過剰摂取に気づかずに本当に生理が止まってしまった

そのままでは飲みにくかったので、ピリ辛豆乳担々麺とか、豆腐入り豆乳鍋などの料理に活用していました。知らないうちに過剰摂取しており、私は失敗してしまいました。
豆乳によるバストアップ効果や美肌効果を判定するまえに、やめてしまいました。

△キッコーマン調整豆乳

では続いて「調整豆乳」ならどうでしょうか。
こちらはその名の通り、ちょっと薄めて調整されている豆乳です。

キッコーマン調整豆乳

<キッコーマン調整豆乳100mlあたり>
イソフラボン21.5mg
糖質2g
カロリー58.5kcal

キッコーマン 調整豆乳購入サイト

こちらは成分が調整されているだけに、ちょっと飲みやすいです。豆臭さが少ないです。
薄いから豆乳による美容効果が低いのかというとそうでもなく、結構たくさんのイソフラボンが入っております。

100mlで21mgつまりコップ1杯で42mg相当のイソフラボンを摂取できます。

 

ここまで読むとアレレと思う人もいるかもしれませんが、無調整豆乳よりもちょっとだけイソフラボン量が減っています。
しかし、やはりシンプルに食事には気を配り過剰摂取には気をつけないといけないです。

私が続かなかった理由
△知らないうちに過剰摂取に陥りやすい
△無糖性豆乳ほどではないが、やっぱり豆臭い
△豆乳の味に飽きてしまった

〇マルサン麦芽コーヒー豆乳飲料 カロリー50%OFF

これは個人的に、まぁ…アリ!?って思います。初心者の人にもオススメしたいです。

マルサン麦芽コーヒー豆乳飲料

<マルサン麦芽コーヒー豆乳飲料100mlあたり>
イソフラボン18mg
糖質1.5g
カロリー25kcal

マルサン 豆乳飲料 麦芽コーヒー購入サイト

イソフラボン18mgなので、コップ1杯飲んでも36mg。

納豆や豆腐料理と合わせてもなんとか上限内なので心のストレスがなくてよかったです。

かつて初心者だった私は無調整豆乳を飲み過ぎて生理が止まってしまったので、その後安心のためにこの豆乳飲料に切り替えた次第です。とても飲みやすくてびっくりしました。

また、200mlのパックでどこのスーパーでも売っていて、安いと80円くらいで手に入ります。
ではではバストアップ効果があったかというと、私はこれも結局1ヶ月でやめてしまいましたので効果はわかりません。

私が続かなかった理由
△冷蔵庫の場所をとるからストックの量が限られる
△毎日はやっぱり飽きる…

初めて豆乳生活をする人なら、これはありだと思います。安いから飽きるまで続けてみてもいいのでは?

×低糖質豆乳飲料

コーヒー味の次は、マルサンからココナッツフレーバーの豆乳が出たのでこちらに切り替えてみようかなって思ったところ…

低糖質豆乳飲料

<低糖質豆乳飲料125gあたり>
イソフラボン13mg
糖質0.4g
カロリー55kcal

【豆乳 マルサン】低糖質豆乳購入サイト
時代の流行に乗ってみた…というマルサンの遊び心が見え隠れするこの商品。
こちらは、ココナッツオイルが配合されて、さらに糖質がカットされたという豆乳飲料なのですが、私は栄養成分表を見てささっと買うのをやめました。

価格は1本125gで170円~200円ほどです。高すぎですね・・・・
純粋に美容のためにイソフラボンを摂取しようと考えたときのコスパが悪すぎます。

また、低糖質といっても、同じマルサンの麦芽コーヒー豆乳飲料でも100mlあたり糖質はたったの1.5gなのでそもそもが豆乳は低糖質ですし…。
なんでこんな商品を販売したのでしょうか…。

私が買うのをやめた理由
△カロリーが高い
△イソフラボン量13mgは少なすぎる
△1本125gで170円~200円ほどで、他の豆乳の2~3倍の価格
△ココナッツフレーバーなんて求めていない

大豆イソフラボンのために豆乳生活を始めるのであれば、これはオススメしないですね。
ってことで、豆乳生活によるバストアップ効果を検証するアイテムとしてこれは飲むにも至りませんでした。

ここまでのまとめ

バストアップ効果のために豆乳を飲むなら…ここまでの中なら「マルサン麦芽コーヒー豆乳飲料カロリー50%オフ」をオススメします。

初めての人なら、とりあえず飽きるまで「マルサン麦芽コーヒー豆乳飲料カロリー50%オフ」を継続してみてもいいのでは?

イソフラボン効果を狙うなら継続しやすいサプリメントがいい

豆乳生活の問題は、とりあえず飽きちゃうんですよね。
喉乾いたから水を飲む…っていう感覚にはなりません。豆の臭いをいくら隠しても、飽きるんです。

バストアップ効果を目標として、毎日継続的に摂取するなら生活の一部として習慣にする必要があります。つまり、バストアップ効果のためや美乳を維持するためなら、豆乳生活に終わりはないんです。毎日歯磨きするのと同じくらいの感覚にしないと。

だから、飽きちゃうのって致命的です。
で、サプリメントに切り替えることにしました。

やわたイソフラボン&ファイバー

大豆イソフラボンのサプリメントっていっぱいありますが、いかにもバストアップ用に作られているような怪しげなサプリメントではなく、純粋に「大豆イソフラボン」のサプリメントとして今回は「やわたイソフラボン&ファイバー」を紹介します。

やわたイソフラボン&ファイバー

<イソフラボン&ファイバー1日1本あたり>
イソフラボン16mg
糖質1.5g
カロリー19kcal

やわたのイソフラボン&ファイバー購入サイト
イソフラボンが粉になっていて、牛乳とかヨーグルトに混ぜて飲むものです。

牛乳やヨーグルト以外にも、私はなんでも混ぜちゃうので、おかげさまで飽きずに続いています。

大豆イソフラボン以外の育乳成分
食物繊維・ビタミンD・アミノ酸
も摂れるので、バストアップ効果や美肌効果も一緒に期待できるので、結構オススメです。

ただし、残念な点として、目安量1日1本でイソフラボンは16mgしか摂取できない点。
私の食生活では、大豆イソフラボンを摂りすぎることも、不足することもないちょうどいい量は、なんとなく感覚的に25mgです。

それでも毎日続けることを考えたら、16mgでもちょうどいいのかな?
納豆を食べない日もあるし、食べるときはすごく食べるし。
過剰摂取の危険性もなく、16mgなら美容上も不足するということはありません。

できれば20~30mgあるといいんだけどなぁとは思いますが、何よりも豆乳と違って飽きないで続けやすいというメリットが高いですね。

さらに現在は
【特価30%OFF】イソフラボン&ファイバー(30袋)
商品単価(税込):2,268円
初回は3箱まで

1ヵ月分で2,268円ですから1日あたり75円なので、豆乳よりもめっちゃコスパいいです!これが定価でも3,240円ですからセールが終わっても問題なく継続できます。
大豆イソフラボンと食物繊維に着目して摂るなら、豆乳よりもこっちのほうが断然アリです。

他のサプリメントって、結構高いんですよね。
ただちょっと大豆イソフラボンとビタミンが入っているというだけで5000~15000円するのなんてざらにあります。

それに比べたら、シンプルに作られているこのサプリメントなら、豆乳から切り替えるときにスムーズに私は受け入れることができました。
うさんくささがゼロだったので。

私が続いた理由
〇イソフラボンの過剰摂取の心配がない
〇安い!1ヵ月2,268円はコスパ最強
〇場所をとらないから1ヶ月分ストックが置ける
〇パウダータイプだから飽きない
〇豆臭さがない
〇持ち運びに超便利

一番にはやっぱり、「飽きない」っていうところが一番ポイント高いです。
だって混ぜちゃえばいいので。

そして、次に安い!!っていう点です。豆乳からサプリメントに切り替える上でネックだったのが一般的なサプリメントって高いからなんです。薬局でもイソフラボン入りのものを探したんですが、とにかく高いから。

豆乳生活を始めたけど飽きちゃったとか、バストアップのために大豆イソフラボン摂りたいけど続かない人がいたら、これはぜひおすすめです。

イソフラボン&ファイバーがオススメな人
〇豆乳が苦手
〇予算を抑えて大豆イソフラボンを摂りたい
〇豆乳だとつい過剰摂取しがちな人

やわたのイソフラボン&ファイバー購入サイト

初回は3箱までセール価格で買えるので、3ヵ月続けるつもりで3箱オススメです。
安心の全額返金保証もあるので、気楽に買えますよ。

まとめ

大豆イソフラボンによるバストアップ効果を目指すなら、飽きずに続けやすいサプリメントがオススメです。

イソフラボン&ファイバーなら豆臭さがないのと、パウダータイプでいろいろなものに混ぜて飲めるからとってもオススメです。

サプリメントではなく豆乳から初めてみたいという人は、ここで紹介した目安量を元に過剰摂取に注意して、ぜひひととおり飲んでみてくださいね。

食事でも知らず知らずのうちにイソフラボンを摂取していますから、豆乳生活実践中は大豆製品には気を配るようにしましょう。
豆乳を一通り飲んでいただければ、私がここで挙げた「続かなかった理由」というのがよ~~~くわかると思います。