2019年豊乳成分で人気プエラリアの副作用や危険性は!?使用前に知っておくべき5つのこと

サプリ

プエラリアは安全?それとも危険なの?
胸を大きくしたい!っていう切実な願いを叶える一助となるのがバストアップサプリ。

その中でも、「プエラリア」という成分を聞いたことはありませんか?
バストアップの効果が期待できるとして、様々なバストアップサプリメントに使われているプエラリア
しかし、その人気裏腹副作用の危険性があるという注意喚起もされています。

そんなプエラリアの効果と危険性の真実について2018年の最新情報をお話していきます。

プエラリアとは?何の成分?

プエラリアとは、「プエラリア・ミリフィカ」というマメ科の葛属の植物です。
このプエラリア・ミリフィカの根の部分には、女性ホルモンと似た働きをする植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれています。
プエラリアは、古来より美容に効果があるとして、女性ホルモンを補うことによる恩恵として、バストアップや美肌効果などを狙って女性に親しまれてきた成分です。

プエラリアにバストアップ効果があるというのは本当?

プエラリアは、女性ホルモンと似た働きをしますが、胸を大きくする直接的な作用があるわけではありません。

そのため、プエラリアのバストアップ効果については賛否両論あります。

実際には女性ホルモンを補うことによる恩恵として、結果的に胸が大きくなったという女性が多く存在するのも事実です

個人差はあるもののバストアップに効果があると言えそうです。

プエラリアでどうして胸が大きくなるの?

女性の胸の90%は脂肪でできています。そして、その脂肪を支えているのが10%の乳腺組織です。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、乳腺を発達させる作用があります。
このエストロゲンによく似た成分になるのが、プエラリアに含まれる植物性エストロゲン・イソフラボンです

プエラリアを摂取すると、体内で女性ホルモンエストロゲンと似たように働くため、乳腺が発達するというわけです。
乳腺が発達することで胸の脂肪が増え、バストアップにつながる仕組みです。

プエラリアの美容効果!

また、バストアップ以外にも女性ホルモン疑似補給による影響で、

◎美肌効果
◎女性らしい体型になる
◎色気が増す

などなど、女性に嬉しい効果があらわれます。

私たちは20歳後半あたりから女性ホルモンが減少してしまい、バストが垂れてくる危険性があります。
プエラリアはそうならないように、いつまでも若々しく女性の魅力を支えるための成分として、女性のためのサプリメントとして愛用されているのです。

プエラリアは副作用の危険性があるって本当?

プエラリアは、強いエストロゲン活性を持つため、女性ホルモンのバランスに影響をきたし、副作用の危険性のある成分として国民生活センターでも注意喚起がされています

女性の体は生理後から排卵日までは卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌され、排卵日後から生理までは黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されています。
しかし、プエラリアを摂取すると、排卵日以降も継続的にエストロゲンが活性化されてしまい、バランスを崩してしまうのです。

プエラリアにより、植物性エストロゲンが補給されることで、体内でエストロゲンが分泌されていると錯覚してしまうからです。

バストアップ効果が高く、胸の大きさで悩んでいる女性にとって魅力的なプエラリアですが、残念ながら多くの女性が健康被害に合っているのです。

美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品−若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう−(発表情報)_国民生活センター

プエラリアの副作用と言われている症状として、一番代表的なのが

・生理不順
・不正出血

そして、他にもプエラリアの副作用として諸症状があり、

・肌荒れ
・頭痛
・吐き気
・更年期障害が強く出る
・乳ガンのリスクの増加
・肥満
・むくみ
・便秘

といった、様々な症状が挙げられています。

実は、海外ではすでにこのプエラリアの危険性を問題視しておひ、プエラリアを含むサプリメントは規制されており、販売は禁止されている国もあります。

日本では、注意喚起に留まり、販売が禁止されているわけではありません。
そのため、過剰摂取や飲むタイミングが悪いとホルモンバランスが崩れてしまう危険性があるのです。

プエラリアの副作用の危険性を少しでも下げるには?

現在は、プエラリアを使わない、副作用の少ないバストアップサプリメントはたくさんあります

プエラリアはもう古い!業界初の【王乳】配合バストアップサプリの記事はこちら

体のことを1番に考えると、プエラリアは避けたほうがいいでしょう。

どうしてもプエラリアにこだわる人は、副作用の危険性を少しでも避けるために、生理直後〜排卵日までの時期だけ飲むようにするといいでしょう。

この時期なら、体内でも卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されている時期のため、体内でホルモンバランスが混乱することが少ないと考えられます。

また、プエラリアをサプリメントで「服用」するのではなく、クリームタイプの塗布するものに変えることで、副作用リスクをおさえることができます。

プエラリア不使用のバストアップクリーム ラシュッシュとは!?の記事はコチラ

プエラリア配合のバストアップクリームで人気のセルノートの効果と口コミは?

しかしながら、リスクがゼロになるというわけではないので、注意が必要です。
プエラリアは副作用の危険性が高いので、安易な摂取はおすすめできません。

できれば他の成分にしたほうが、体への負担は少ないでしょう。